1から学ぶ 仮想通貨

仮想通貨と法定通貨 違いに関する基礎知識

世界中に広がる仮想通貨

仮想通貨と法定通貨の違いで最も重要な知識としては、円やドルなどと異なりあくまで支払い手段であるという点を挙げることができます。

日本政府は仮想通貨を商品券などと同様に支払い手段として位置付けているため、購入する際に消費税が課税されることはありません。かつては物として扱われていましたが、欧米などでは消費税が非課税とされることから2017年の7月に解釈が変更されました。日本国内では実店舗などで使用できる例はまだ少数派ですが、海外では一般化しつつあります。基本的に仮想通貨は発行総量に上限が存在します。そのため希少性があり供給量も限定的です。

世界では日常の様々な取引に使用されるようになってきていることから需要量は増加しています。供給量が限定的でありながら需要量は増加し続けており、市場は需要超過の状態です。そのため取引価格も上昇傾向にあります。様々な取引で仮想通貨を決済手段とした場合に得た利益は、そのままでは所得税などの課税対象とはされません。円などの現金と交換したときに初めて課税対象とされます。

現金決済と異なり課税対象となる時期をずらすことができるので、仮想通貨は節税対策としても有効です。また取引価格が上昇傾向にあることから、所有しているだけでも効率的に資産運用ができます。

仮想通貨は投資にも

仮想通貨 基礎知識とその技術

仮想通貨のシステム

仮想通貨という言葉を聞いてピンとこない人でもビットコインという言葉は聞いたことがあると思います。ビットコインも数ある仮想通貨の一種です。これは最先端の革新的技術である「ブロックチェーンシステム」をもとにネット上で取引される通貨のことです。

この仮想通貨は発行上限が2100万コインと決められていて、その価値も上がってきていて、将来性が高いことから投資としてもとても魅力がある通貨です。この通貨の知識として知っておいてほしいことは管理者がいないということが挙げられます。管理者がいないので不正ができませんし、手数料がとても安いということが言えます。管理者がいないのに手数料はどこに行くかというと、仮想通貨の送金のやり取りをする人が抽選で選ばれていて、その人の手数料です。

この通貨を使うと世界中の国の人が同じコインでと取引をしているので、ドルを円に変えると行った複雑な手続きは入れません。みんながこの通貨を使って取引をするようになると、銀行の存在が必要なくなってしまうので、今銀行も参入できるように考えています。仮想通貨は1000種類以上あると言われていますが、そのうちの90パーセントが詐欺だと言われています。だまされないようにしっかりとした知識を身に着けてください。

並ぶビットコイン

仮想通貨はどういう仕組みなのか?

仮想通貨が使える仕組みはとてもシンプルで取引をする両者が合意をすることで成り立ちます。仮想通貨が使える場所は今のところかなり限定されていて、それらは取引をする両者が合意しているところが少ないからです。

仮想通貨が使えるところのほとんどはネット取引です。ネット上では取引の時には実際の目に見える通貨が存在しなくても取引が出来るという特徴があります。この特徴が仮想通貨を使用するには適している環境ということになるでしょう。国という概念がなく取引が出来るので、この通貨は国際的な取引に向いているとも考えられます。仕組みそのものは普通の通貨と同じで、商品やサービスの価値と同等の通貨で取引されるというものです。特に難しいことではありません。通貨の価値について取引する両者が合意をすることで成り立つということです。この点は通常の通貨と同様です。違いは通貨の背景に国という大きな母体が価値を保証しているのかいないのかという違いです。国が価値を保証していなくても使えるのが、仮想通貨ということになります。通貨というのは取引をする両者が合意をすることで使えるものだということを知識として知れば、この通貨が使用できる意味も分かるでしょう。

キーボードにささるコイン

ブックメーカーは仮想通貨の次に流行る

ブックメーカーが流行る

今は仮想通貨がブームですが、一過性の物に過ぎません。仮想通貨の次に流行るのは、おそらくブックメーカーでしょう!仮想通貨は沢山の銘柄があり、チャートを見たりする必要があるので、素人が継続して続けていくのは難しい物になります。

しかしブックメーカーならスポーツの勝敗を予想するだけで簡単に誰でも参加することが出来ますし、高倍率の配当を得ることが出来るのが大きな魅力です。仮想通貨以上に儲けることが出来るので、仮想通貨の次に流行るのはブックメーカーに間違いありません。

ブックメーカーなら入金にクレジットカード決済を利用することが出来るので、時間を問わずに参加することが出来ます。仮想通貨の場合はクレジットカードを利用することが出来ない所が多いですし、取引所や販売所に銀行振込で入金をすることになるので、取引をしたい時に直ぐに取引を開始することが出来ません。

ブックメーカーならその様な心配もなく、どこの業者でもリアルタイムに入金を反映してくれるので、時間に拘束される事もなく安心です。この大きな違いから仮想通貨の次に流行ると予想している方も多くなっています。

まだまだ知名度が高い物ではないので、気づいていない方も多く居られますが、仮想通貨の次に流行る事を期待している人は続々と増えているので、これから参入してくる方も増えてくることになります。

参入者が多くなればなるほど、口コミなどでその良さが広まっていきますので、乗り換えてくる方も多数居られる事は想像するのも容易です。スポーツは人気が高いものになりますし、そのスポーツを賭けに利用することが出来ると知れば、爆発的に人気が出てくるのも最早時間の問題と考えることが出来ます。